上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
421
東京駅2330発ドリーム盛岡3号で一路盛岡へ。
(出発直前、茨城の地震情報で運休になるのではと案じましたが)
 
422日 
715盛岡着(途中震災による影響での道路状況のため)
同期医師の御協力で、大槌町及び釜石市の一部を視察してまいりました。
 
両現場とも山元町(宮城県亘理郡)と同様、“夢を見ているのでは?”と錯覚するような非現実の世界でしたが、山元町の静寂とは異なった音のある世界で、“きっと立ち直られるに違いない”と確信出来る、秘めたるエネルギーを感じました。
 
1424 盛岡発の秋田新幹線に始まり、羽越本線、上越新幹線とJR東日本の東北ルートを駆使して盛岡~秋田~新潟~東京と東北地方をひと回りし、2320自宅着。
 
<視察の感想に基づく今後の展望>
 
1)盛岡地区周辺に関しては、今回御協力いただいた同期医師の御判断にお任せし、地元医師の方々の御活動に支障を来たさぬよう御要請をいただいた時点で医療中心に後方支援させていただく。

2)あくまでも地元の医師の方々(ことに開業医の方々)の自立、自己完結に向けての御協力。

3)12)に於いて上手くシステム作りができれば、今後の若い世代の医師(ことに研修医)の教育改善が可能になるかもしれない。


0423_01.jpg 

0423_02.jpg 

0423_03.jpg
 
↑この想定区域を超えて津波は押し寄せた。

0423_04.jpg
 
↑大槌町に行く途中で

0423_05.jpg
 
↑大槌町

0423_06.jpg
 
↑大槌町

0423_07.jpg
 
↑大槌町(津波に加え火災発生)

0423_08.jpg
 
↑大槌町(防波堤を越え陸に上がった舟)

0423_09.jpg
 
↑大槌町(倒壊家屋)

0423_10.jpg
 
↑壊滅的被害を受けた県立大槌病院

0423_11.jpg
 
↑大槌町

0423_12.jpg
 
↑大槌町

0423_13.jpg
 
↑大槌町から釜石へ行く途中
信号はまだ停電のため機能せず

0423_14.jpg
 
↑大槌町から釜石へ向かう途中の大きな交差点でも信号機能
せぬため警察官の手信号

0423_15.jpg
 

0423_16.jpg
 
↑帰途
このあと盛岡~秋田~新潟~東京と運行中のJR東日本を駆使
して帰京



RKH責任者 堂園凉子






スポンサーサイト
2011.04.23 Sat l 報告 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。