上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
5年目の3.11から一週間が過ぎました・・・

3月15日、通算第9回のMedical Tourismを実施致しました。
今回は、慶應義塾大学医学部5年生で国際医学研究会第39次派遣団の3人です。
彼らは今年7月から約2か月間、主にブラジルの医療を視察・体験予定ですが、“ブラジルに行く前に、日本の地域医療、ことに被災地での患者体験及び被災地視察をするべきでは”と企画致しました。

いつものように東京―新花巻―釜石の道中です。(写真1,2,3,4)

160318_01.jpg 160318_02.jpg
(↑写真1,2)

160318_03.jpg 160318_04.jpg
(↑写真3,4)


釜石駅にはRKHが寄贈した大槌病院公用車に出迎えていただき、5年経っても何の建物も無い被災地大槌町の現状や、病院跡地、保存か解体かで未だにもめている旧役場(町長以下職員40名が津波で死亡)を視察。(写真5)

160318_05.jpg
(↑写真5)


病院の廊下には、3月11日の節目の日にRKH Foreverからのお贈りしたアレンジメント及び、「頭上注意」の貼り紙。何と数日前の強風でノルウェー製プレハブ診療所の屋根が飛び、それが裏山に引っかかったということで、新聞やラジオで話題になったそうです。(写真6,7、添付)

160318_06.jpg 160318_07.jpg
(↑写真6,7)

160318_15.jpg
(↑添付)

ガウンに着替え検診開始。採血されたり電図等各種検査終了後は、ドクターの説明を患者の立場で聞くという体験が、将来医師になった時に役立ちますようにと期待いたします。(写真8,9,10,11,12)

160318_08.jpg 160318_09.jpg
(↑写真8,9)

160318_10.jpg 160318_11.jpg
(↑写真10,11)

160318_12.jpg
(↑写真12)

検診終了後は、当時のお話を伺い、片道約6時間、滞在時間4時間足らずのMedical Tourismは、いつものように密度の濃いものとなりました。(写真13,14)

160318_13.jpg 160318_14.jpg
(↑写真13,14)

今回を機に、距離をこえて、又、年代を越えて医療従事者やその予定者の友情が深まりますように。

(堂園記)



スポンサーサイト
2016.03.19 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://remember0411.blog90.fc2.com/tb.php/116-66c56afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。