上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
422日(日)RKH主催山元町支援訪問ツアーの実行日です。
 
常磐線亘理駅1148分集合の予定でしたが、東北新幹線との接続の関係もあって、何と号車や座席番号こそ違え、全員856分東京発の“はやて19号”に同乗していたことが仙台駅の常磐線ホームで判明し、早々とRKH御一行様の団体旅行気分。(写真1)

120422_1.jpg
↑写真1

仙台駅からバスで一気に山元町という案が最善なのですが、昨年415日山元町と御縁が生まれて以降、毎回東京―仙台間は東北新幹線、仙台―亘理間は在来線の常磐線利用、亘理駅からはタクシーを利用したり、迎えに来ていただいたりという移動法を皆様にも御体験頂きたかったからです。(但し、415日・20日は段差の激しい常磐道を車で往復)
 
亘理駅にはRKH山元町支部の星様・佐々木様・藁谷様が歓迎メッセージを書いた“幸せの黄色いハンカチ”を持って出迎えて下さいました。(写真2)

120422_2.jpg
写真2

当初の予定の集合場所、亘理駅前にて記念写真撮影後、宮城県売上協力の為チャーターした東日本観光バスのマイクロバスで一路、昼食会場の山元町にある和風レストラン「田園」へ。(写真3,4,5)

120422_3.jpg 120422_4.jpg
写真3,4

120422_5.jpg

写真5

光栄なことに、齋藤町長・平田課長も昼食に御参加下さり、“ホッキ飯”を賞味しつつ、山元町の被災状況や今後の復興計画を伺いました。(写真6)

今年の山元町「田園」のホッキ飯は、前回私が2月に訪問した時と同様、北海道産のホッキ貝使用ということなので、来年山元町産のホッキ飯試食ツアーが即座に決定!!(写真7)

 120422_7.jpg
120422_6.jpg   
写真6,7

山元町産でなくとも十分美味しいホッキ飯でエネルギー充電し、町役場へ移動。
RKHがお送りしたマイクロバス転じての町民バス“くるりん号”に試乗したり(写真8,9)、

120422_8.jpg 120422_9.jpg
写真8,9

4台の軽トラック(晴朗50号、TY号、Ken号、チーム猪号)に対面し(写真10,11,12,13)、

120422_10.jpg 120422_11.jpg
写真10,11

120422_12.jpg 120422_13.jpg
写真12,13

RKHの具体的な活動に参加者一同満足。その後貸切りマイクロバスにはRKH山元町支部の3人も御同乗くださり、平田課長の御案内で(写真14)

120422_14.jpg
写真14

被災現場及び仮設住宅見学、山元町支部の方々も始めて御覧になる場所もありました。(この関連の写真は以前、堂園がブログにアップしたものを御覧下さい)
 
以前に比べ更に空地が増え、ガレキ処理も進み、ガレキ処理場が新たに建設され、分別作業が着々と進行中(これは私も初めてでしたが、写真は後日)。仮設住宅に関し、県発注と町発注の仕様の違いも、以前私がブログで言及しました意味を皆様お判り頂けたようです。
 
さて、この日天候が心配でしたが、花曇りの下、桜が満開でまだ上手でない鶯の声に心和まされつつ、復活したいちご農園へ(写真15)。

農園主の菅野孝雄御夫妻(写真16)は「夢いちごの郷」の代表でいらっしゃいますが、津波で壊滅的被害を受け“今後どうやっていこう”と途方にくれられた由。しかし「全国からのボランティアのお陰で、山間部に仮設イチゴ農園を再開出来ました。」とボランティアの方々に心から感謝していらっしゃいました。

120422_15.jpg 120422_16.jpg
写真15,16

善意の真心で育った苺だけあって(写真17,18)、「いちご狩りで摘み獲ったばかりの苺」は本当に美味しく(月並みな表現がもどかしいのですが)誰もが口々に「2年分」あるいは「5年分」食べたと感激。

120422_17_2.jpg 120422_18.jpg
写真 17,18

御多忙の中、齋藤町長が再登場して下さり、改めて今後の復興を期待し合いました(写真19)

120422_19.jpg
 写真19

御参考まで、御参加の方からのメッセージの一例を。

「山元町ツアーを企画してくださり、ありがとうございました。
現地で、斎藤町長、平田課長とお会いして、復興に向かう山元町のいまの状況を生の声で伺うことができ、山元町をより身近に感じる機会となりました。星さん、佐々木さん、藁谷さんとまたお目にかかり、元気なご様子を拝見でき、うれしかったです。

一番印象的だったのは、1年前にニュースなどで見ていた、町中がれきで、呆然としてしまうような風景から、まずは、空き地の状態になり、がれきもまとめられ、分別され、処理が始まっており、復興が始まっているという、力強いメッセージを感じたことです。また、津波で流されてしまったイチゴのハウスを、今年建て直して、すでにイチゴの栽培が始まっていて、イチゴ狩りでいただくことができ、それがとてもおいしかったのが、うれしかったです。

軽トラック、マイクロバスがお役に立っている様子もわかり、よかったと思いました。また、これからも何かできることがあれば、させていただきたいと思いました。」
 
初めての被災地支援訪問ツアーでしたが、地元の方々との友情が深まり、今後も継続したいと考えております。

 RKH責任者 堂園凉子



スポンサーサイト
2012.04.23 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://remember0411.blog90.fc2.com/tb.php/51-286cb47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。