上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
5月1日は、若い世代の方々にお集まりいただいて、RKHジュニアチームが誕生してから1年目です。

この一年の様々な活動はこのジュニアチームのTeam JGや大林グループの積極的御協力・御尽力により実現いたしました。
各グループの御子様方や配偶者の方々も活動に御参加下さるようになり、今や年代層は80代から10代まで、職種はIT関係、製造業、商品デザイナー、医療から音楽家、加えて高校生、中学生、小学生と幅広く密度の濃い団体です。

(1)4月28日、「民意の復興計画 やっぺす!赤浜」報告会が明治大学リバティタワーの教室で開催され、RKHのメンバー(大林様、森脇様、渡辺様)と出席いたしました。
報告者4名の方々(川口様、中村様、菊池様、小豆嶋様)の御上京の旅費、滞在費をRKHがお手伝いさせていただいたという経緯がございますが、御報告内容は非常に興味深く、この会が実現して良かったとしみじみ思いました。
会場のあちらこちらで、今や耳に馴染んでいる大槌訛りが優しく耳に響き、心和むようでもございました。

0501_1.jpg 

(2)県立大槌病院仮設診療所では、CTの設置工事が3月下旬から開始され、5月下旬完成予定で少しずつ復興に向けて歩み始めている由。
昨年6月27日に仮設診療所がOpenしたことを思うと、わずか1年の間にここまで漕ぎ着かれたことは驚くべきことです。
更なる検査や医療内容充実のため、オージオメーター(聴力検査機器)の購入御支援を赤松、落合両氏の了解を得て決定いたしました。

(3)5月19日(土)RKH設立1周年を記念しての第3回「3.11を共有し、語り合い、友情を深める会」を開催いたします。(於:国際文化会館)
今回は岩手県立大槌病院院長の岩田千尋先生、事務局長の佐々木勝広様及び、大槌病院との御縁を橋渡ししてくださった堀内三郎先生をお招きして、当時のエピソードや今後の展望を伺います。
御参加を今から御予定下さい。

(4)会計報告(3月1日~4月30日)
   ・お振込:25名
   ・支 出:
     1.ホームページ「やっぺす!赤浜」運営費 3、4月分 40,000円
     2.赤浜小学校最後の卒業生のTDL修学旅行費用   410,000円
     3.大槌病院へオージオメーター          240,000円
     4.山元町支援訪問ツアー(4月28日実現)      87,460円 
      
   ・口座残高:305,428円

皆様の御協力に感謝し御礼申し上げます。

RKH責任者 堂園 凉子
スポンサーサイト
2012.05.01 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://remember0411.blog90.fc2.com/tb.php/52-e6d13e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。